適切な水分補給と咀嚼のうつ病・認知症・パーキンソン病との関わり

まつばら鍼灸整骨院

011-688-1212

〒006-0819 札幌市手稲区前田9条11丁目3-68

施術時間:【午前】9:00〜12:00 / 【午後】14:00〜20:00
休診日:不定休(HPのお知らせから確認して下さい)

適切な水分補給と咀嚼のうつ病・認知症・パーキンソン病との関わり

お知らせ情報

2018/07/08 適切な水分補給と咀嚼のうつ病・認知症・パーキンソン病との関わり

皆さん こんにちは!

札幌市手稲区のホリスティックにカラダを元気にする

まつばら鍼灸整骨院の院長の松原好宣です。

 

健幸なココロとカラダを維持する為の豆知識を今回も簡単にまとめちゃいます!

今回のテーマは『 』です!

人のカラダの何%が水でできていると思いますか?

年齢性別によって割合に差はありますが、どの世代もカラダの半分以上が水でできていることは間違いありません。

子供で70%、成人で60%、老人で50%と言われています。

そんなカラダにとって大切な水ですが、1日に汗、尿、大便、呼気、唾液などによって約2㍑の量を失ってしまいます。

カラダの機能を正常に保つには同じ量の水を補給しなければなりませんよね!

体内を巡って役割を全うした水と新鮮な水を交換して水の流れを常に作り出す必要があります。

先程の年齢別の割合でわかるとおり、水を補給しないということは、それだけ老いるということになってしまいます!?

 

さあ今日から毎日1.5~2㍑の水を飲む習慣にチャレンジしましょう!

 

ポイントは、チビチビ飲むこと!気が付けばノルマ達成って感じです。

逆にNG習慣は、食事中にガブガブ飲んだり、一回でゴクゴク喉を鳴らして大量に飲むことです。

 

まず食事中に水分を大量に飲むと、胃腸内の消化液を薄めることになるので、消化不良の原因になります。

消化に時間がかかるだけではなく、頑張って消化しようとたくさん消化液を産出するので、内臓の疲労は蓄積される一方です!

 

次に一回でゴクゴク大量に飲んでも吸収速度や尿として排泄するための腎臓での濾過速度にも限度があるので、浮腫や下痢、頻尿などにつながります。

僕の臨床経験上、水分不足だったり一回で大量に水分を飲む習慣の人は、早食いによる咀嚼不足と鼻呼吸が出来ていない人に多いです。

早食いの人はあまり噛まずに飲み込んだり水やお茶または汁物で流し込みがちです。

しかも咀嚼中は必ず鼻で呼吸しなければならないので鼻呼吸が苦手な人は出来るだけ早く飲み込む、または口を開けて咀嚼する悪い癖のある人かもしれません。

 

最近増えている、うつ病・認知症・パーキンソン病などの患者さんには共通して、

医学的に仮面様顔貌と言われる表情が乏しく、まるでお面を被ったような顔つきになってしまう症状があります。

僕の推測では、この症状は咀嚼不足により耳の下にある耳下腺という唾液腺からの分泌が滞り膨れ上がります。

顔の筋肉の働きを支配する顔面神経は耳下腺の中を貫通して通ります。耳下腺が膨れ上げれば顔面神経を圧迫し、働きが低下し表情が乏しくなるのではないでしょうか?

また、咀嚼不足により咀嚼時に働く側頭筋が硬くなると、その深部にある側頭骨の動きを阻害してしまいます。

側頭骨が動くことにより脳と脊髄を保護し老廃物を排泄する役割を担う脳脊髄液を循環させています。

咀嚼不足で側頭筋が硬くなり側頭骨の動きが阻害されると脳と脊髄に老廃物が溜まるということに繋がっているのではないでしょうか?

その溜まった老廃物こそが、認知症患者さんの脳内に蓄積されているアミロイドベータやレビー小体という物質なのではないかと考えられませんかね?

これらの物質は、脳の神経細胞が異常にリン酸化されたタンパク質と言われています。

体内ではミトコンドリアや細胞内の解糖系でATPというエネルギーを作り出します。

このエネルギーもリン酸化合物です。体のエネルギー代謝に必要な物質で害を及ぼすものではありません。

ですが、デンプンなどの糖質を分解する時にもリン酸が生じてしまいます。

糖質過多の現代人の食生活、酸化した油や食品添加物に対する意識の低さ、

これにストレスランキング上位の項目が重なり合うと、カラダはどんどん酸化していくのではないでしょうか?

まずは、咀嚼によって唾液をしっかり出すこと・出した唾液をつくるために水をしっかり飲むことが健幸には不可欠なひとつのピースなんですね!

 

ストレスランキングはこちらを参考にしてください

 

score-1

 

 

◆◇————————————————————◇◆
まつばら鍼灸整骨院
〒006-0819 札幌市手稲区前田9条11丁目3-68
施術時間:【午前】9:00〜12:00 / 【午後】15:00〜20:00
休診日:毎週水曜日・第3火曜日
◆◇————————————————————◇◆

TOP